フォーマルスーツとしてのタキシード

男性が身につける冠婚葬祭用の服装といえば、ビジネスシーンでも着用する機会が多い、ネクタイとスーツが思い浮かびます。しかし、結婚式のようなおめでたい場面では、一部の男性が、タキシードを着用している姿も見受けられます。具体的には、主役となる新郎に加えて、花嫁花婿の父親並びに、媒酌人や仲人といった、結婚式に不可欠な人物です。タキシードを身につける場合、まっすぐと下に垂れているネクタイではなく、胸のあたりでリボンのように結んだボウタイをつける点で、一般的なブラックスーツとは、大きく異なっています。

なお、結婚式に招待された男性であっても、新郎の兄弟や友人といった、結婚式の関係者は、タキシードではなく、ブラックスーツを着用して出席します。

タキシードの正しい着こなし方

タキシードを着こなす際において、最も重要となるのは、セットで着用するボウタイ及び、襟付きシャツの選び方です。ウール素材で加工されているスーツに対し、なおかつ黒無地のシルクボウタイと白無地の襟付きシャツをまとうのが、結婚式でのマナーとなっています。タキシードとペアで身につけるパンツは、足の甲からかかとにかけて、斜めに落としたモーニングカットが基本で、裾に関してはシングルにて仕上げを行います。ブーツに関しては、オペラパンプスが基本ですが、黒色表側の内羽根ストレートチップでも代用可能です。

さらに、タキシードと一緒に着る、白の襟付きシャツのボタンを覆う形で、銀色のカフリンクスを身につけます。銀色のカフリンクスに、黒のオニキス及び、黒蝶貝の飾りをあしらうのが、結婚式におけるマナーです。