結婚式に呼ばれた際の服装

親族や友人などの結婚式は特別な思い出となる大切な日です。新郎新婦はもちろん、そのご家族や関係者にも失礼のないようなファッションを意識して行く必要があります。結婚式で、男性はスーツを着るという場合が多いです。スーツを着る際には色にも注意する必要があります。ブラックは、もっともポピュラーで冠婚葬祭と幅広く利用することができます。結婚式では、ネクタイやハンカチを白系にして華やかさが感じられる着こなしを意識するとよいでしょう。 この他にも、ネイビーや濃いめのグレーといったダークカラーのスーツや、目立ちすぎないストライプ柄のスーツでも華やかでスタイリッシュな印象を与えるためおすすめです。この時、合わせるシャツは、柄のないシンプルなYシャツを選ぶようにしましょう。

清潔感を意識した身だしなみを

結婚式では、きちんとした服装も大切ですが、清潔感も意識しなくてはいけません。男性の場合は、シワやシミのないスーツやシャツを選び、ハンカチもきれいにアイロンを書けておくとよいでしょう。また、男性の場合は、ひげを整えることも忘れてはいけません。新郎新婦の親族、特に年配の方の中にはひげをあまりよく思わない方もいるかもしれません。 マナーとして、できればひげは剃っておく方がよいでしょう。もしも、剃らない場合はきちんときれいに整えて、清潔感を感じられるようにしましょう。足元も忘れてはいけません。靴はくたびれたものや泥などが付着したものではなく、服装に合わせてフォーマルなものを選びましょう。黒色の紐がついたものを選ぶのが一般的となっています。